宅地建物取引士のバッジ

0
    皆さん、こんにちは嬉しい
    サンコーハウジングの浅井です。

    本日、宅地建物取引主任者が「宅地建物取引士」に名称変更された
    ことに伴う案内が当社に送付されて参りました嬉しい

    今後、当社が所属する「東京都宅地建物取引業協会」内に、
    『宅地建物取引士会』が設置されるとのことです。

    そして、取引士バッジを有料配布するとのことで、確認の書類でした。

    そういえば、名称変更に伴い「士業化」との声がありましたが、
    取引士そのものに独立性はなく、今後も企業に属して活動することになります。
    今回の法改正は「名称変更」と「取引士の倫理や知識向上への努力義務」
    がメインで独立性を持った資格となったわけではありません。

    考えてみれば、取引士の独占業務は物件の「重要事項説明」と「契約書」にあり、
    その他はおまけで、独占できるものはありません。

    多くの取引士は「営業マン」です。
    営業マンとは、物を売るのが仕事です。
    物件の良し悪しを見極めることが仕事になっていません。
    あくまでも「営業」なのですから、利益第一となります。

    しかし時代は変わりました。
    今のお客様が求めているものは、コンサルタントです。
    これは中立の立場で的確な意見を述べる専門家です。

    しかし、多くの会社では「これは買わないほうがいい」「今は買い時ではない」
    と言う発言を取引士はしません。
    いや、できないのです。

    こうした助言をしても利益につながらず、自身の立場が危うくなるばかり
    だからです。
    これは、独立性を保持できない悲しさです。

    ここで、地域の不動産会社の出番です。
    何しろ小回りが利きますし、営業スタンスではなく、あくまでも地域の専門家
    としての助言に熱心です。
    それはそうです。その地域で今までも、これからも活動していくのですから
    信頼関係構築が大事です。

    特にサンコーハウジングでは、お客様と親しくなり、購入前、購入後も
    変わらぬお付き合いがモットーです。
    ご質問頂ければ嬉しくもあり、頼られれば自身の存在意義を実感できます。

    理想論かもしれません。
    しかし、必ず不動産業界は変わります。

    単なる手数料の価格破壊ではない、真の専門家を目指して。
    仲介に留まらない、コンサルタントとしての立場を活かして。

    地域社会の皆様に多くご利用頂ければと考えています。

    仲介を超えたもの、これが本来の「取引士像」であって欲しいものです。

     
    posted by: サンコーハウジングSTAFF | 不動産業界あれこれ | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    不動産購入をご検討の方へ

    0
       
      皆さん、こんにちは。
      サンコーハウジング代表の浅井です。

      本日は、不動産を購入にあたり、
      検討すべきポイントについて考えてみたいと思います。

      日ごろ、様々なお客様に接しておりますと、
      必ず住宅ローンについてのご質問を頂きます。

      ご質問内容としては、
      ・金融機関と住宅ローン商品について
      ・無理のない返済プランについて
      ・リスクヘッジの方法論
      が中心となります。

      お客様からご質問を受ける内容は、すべて重要です。
      当然です。何しろ、人生の一大決心、ご家族を幸せ
      にするための決断をするからです。

      このため、当店ではお客様にいっさいのプレッシャー(心理的不安要素)
      をかけることなく、またバイアス(心理的誘導)をすべて排除して
      お客様のペースにてご案内をしております。

      一般に、不動産業界では契約を急がせる傾向にあると思います。
      ・ご内覧⇒・お申込み⇒・重要事項説明&ご契約
      常に即時性を求める営業マンは多いです。
      (重要な決断に即時性を求めると人は気づかぬ内に誘導されます)

      結果として、お客様は心に不安要素を抱いたまま、ご契約と言うことに
      なってしまいます。

      これは避けなければなりません。

      なぜなら、不安要素を取り除き、お客様のサポートを行うことが
      本来の不動産仲介業と考えるからです。

      無理な融資を通せば、将来的な破たんは目に見えています。
      日々の暮らしをサポートすることが私たちの仕事です。

      当社では、こうした従前たる営業スタイルはいっさい行わず、
      適時お客様をサポートし、良きパートナーとして最善を尽くす
      ことを企業理念としております。

      このため、お客様を焦らすこともありません。また、誘引行為を
      行うこともありません。
      ここで言う誘引行為とは、
      ・今購入しなければ物件が無くなる⇒それは誰にも分かりません
      ・今が買い時⇒買い時はお客様がご購入の意思を固めた時です
      ・提携ローンを強く勧めてくる⇒最善の選択かどうか分かりません
               (提携ローンは審査が通りやすい傾向があります)
      ・自社の都合最優先⇒社会人として論外です

      こうした行為は当社においてまったくありません。

      基本的に夫婦2人でのお客様対応です。
      自己の経験も含めて、お客様にとりご安心できる提案ができればと
      考えております。

      また、『この人なら何でも話せる、言いやすい』
      こう思って頂けたら幸いです。

      いつまでも、お客様にとって頼れる存在、言いやすい人間であるよう
      今後も精進して参ります。

      ご期待ください。




      墨田区の不動産屋サンコーハウジング

      posted by: サンコーハウジングSTAFF | 不動産業界あれこれ | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      賃貸市場について

      0
         
        皆さん、こんにちは
        サンコーハウジング代表の浅井です

        本日は賃貸物件の内見に行ってきました

        ところで、出発時に墨田区では雪がぱらつき、
        これは困ったと思っていたところ、どうにか
        積もらずに済み、いつしか降りやんでいました

        さて、内見です
        普段、お客様への物件ご案内は担当スタッフが
        行っているのですが、本日は私が同行しました

        そこで、同業他社様とお話させて頂き、貴重な時間
        を過ごすことができました

        続きを読む >>
        posted by: サンコーハウジングSTAFF | 不動産業界あれこれ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        仲介手数料に見合うサービス

        0
           
          皆さん、こんにちは
          サンコーハウジング代表の浅井です

          今日は仲介手数料(賃貸物件)についてお話したいと思います

          仲介手数料とは、不動産会社がお客様に物件をご案内し、
          気に入っていただけた後、契約締結、最後に報酬を頂く
          と言うものです

          この手数料こそ、不動産会社の収益そのものです
          したがいまして、企業として収益を上げようとすれば
          多くのお客様にご来店頂き、ご契約を頂戴することが
          近道のように思われます

          ところがです

          続きを読む >>
          posted by: サンコーハウジングSTAFF | 不動産業界あれこれ | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          不動産業は回るお寿司?

          0
             皆さんこんちには

            賃貸営業担当スタッフです
            今日は私がブログを担当します

            本日は少し当店の紹介をしたいと思います

            当店は現代表の祖父が「三幸商事」として
            開業したのが始まりです。

            当時は町の不動産屋さんが花盛り
            現在のようにチェーン店さんも余りみかけなかった
            ですし、当店の前身である「三幸商事」も
            当店代表曰く「おじいさんはいつ仕事をしているんだろう??」
            と不思議だったようです

            続きを読む >>
            posted by: サンコーハウジングSTAFF | 不動産業界あれこれ | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |