<< 不動産購入をご検討の方へ | main | 2013年宅建試験お疲れ様でした >>

2013年宅建試験講座の皆様へ

0
    宅建試験講座の皆様へ

    皆様、おはようございます。
    サンコーハウジングの浅井です。

    本日はいよいよ宅建試験本番です。

    4月から、多忙にも関わらず懸命に努力されてきた
    皆様を心より応援しております。

    私も試験本番では大いに緊張いたしました。
    普段は難なく解けると自負していた問題も、
    当日は問題用紙をめくった瞬間、頭が真っ白となりました。

    そんな時に思ったことは、
    ・これは模試である
    ・自分が分からなければ他の受験生も解けない
    と言うことでした。

    そして、試験開始後、10分を経過したのち、
    精神が落ち着いて参りました。
    その後、
    ・問26〜45の宅建業法から解答をはじめ、
    簡単と思える分野から解き始めました。

    問題用紙は、
    ・正しいものはどれですか
    ・間違っているものはどれですか
    線を引きました。

    また、選択肢ごとに、
    ・○ ・△ ・×
    と区分して、確実に正しい、または誤っているもの
    について絞り込んで解答しました。

    あくまでも、
    冷静に、冷静に、
    そして丁寧に・・
    普段なら解答できる問題も、試験会場では独特の雰囲気に押され
    一瞬真っ白になってしまう。
    けれども、これはほぼすべての受験生がそうだと思います。

    カツカツとリズムよく音をたてて問題を解き進める音・・・
    ・他の受験生はどんどん解答している・・・
    ・自分は解答が進まない・・・
    こう考える必要はありません。

    宅建試験の問題は、簡単にサクサク解けるように出来ておりません。
    カツカツと鳴るマークシートを塗りつぶす音は、
    分からないから『適当に解答している』
    ケースがほとんどです。

    自分に自信を持ってください。
    そして、焦らずじっくりと今まで積み上げた知識を開放してください。

    宅建試験は野球のペナントレースのようなものです。
    消化試合などないのです。

    個々の選手は、少しでも安打を、打点を、本塁打をと懸命にプレーしています。
    そして、勝っても負けても明日に繋がる試合を行っております。

    Go for broke   (当たって砕けろ)

    の精神です。

    しかし、砕けることはありません。
    あくまでも精神的なものであり、皆様は『明日また生きる』
    のです。

    明日のために必要は知識はすでに整いました。

    後は、悔いのないようすべてを出し切るのみです。

    どのような結果になろうとも、
    皆様は賢明に努力されて参りました。

    また、多忙を極める中でも必死に講義へご参加頂き、
    夫婦共々感謝しております。

    そして、私たちも皆様に多くを学ばせて頂きました。

    それは、今日よりも明日、明日より明後日、
    少しでも知識を蓄えようとする意欲です。

    皆様に毎週お会いできなくなることは、少し寂しい気もいたします。

    しかし、それ以上にこれから先、人生の成功者としてご活躍される
    ことが最も嬉しいことです。

    本来、私も皆様と切磋琢磨させて頂く身です。

    皆様の意欲、努力に負けぬよう、私どもも精進して参ります。

    今年度の宅建試験講座は終了いたしますが、
    明日の試験のみならず、皆様方をこれからも応援しております。


    浅井 亮

     


    墨田区の不動産屋サンコーハウジング

    posted by: サンコーハウジングSTAFF | 2013年度宅建試験講座 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://blog.sanko-h.jp/trackback/174