<< 住宅ローンが難しい場合 | main | 当店2016年カレンダー出来ました >>

宅地建物取引士のバッジ

0
    皆さん、こんにちは嬉しい
    サンコーハウジングの浅井です。

    本日、宅地建物取引主任者が「宅地建物取引士」に名称変更された
    ことに伴う案内が当社に送付されて参りました嬉しい

    今後、当社が所属する「東京都宅地建物取引業協会」内に、
    『宅地建物取引士会』が設置されるとのことです。

    そして、取引士バッジを有料配布するとのことで、確認の書類でした。

    そういえば、名称変更に伴い「士業化」との声がありましたが、
    取引士そのものに独立性はなく、今後も企業に属して活動することになります。
    今回の法改正は「名称変更」と「取引士の倫理や知識向上への努力義務」
    がメインで独立性を持った資格となったわけではありません。

    考えてみれば、取引士の独占業務は物件の「重要事項説明」と「契約書」にあり、
    その他はおまけで、独占できるものはありません。

    多くの取引士は「営業マン」です。
    営業マンとは、物を売るのが仕事です。
    物件の良し悪しを見極めることが仕事になっていません。
    あくまでも「営業」なのですから、利益第一となります。

    しかし時代は変わりました。
    今のお客様が求めているものは、コンサルタントです。
    これは中立の立場で的確な意見を述べる専門家です。

    しかし、多くの会社では「これは買わないほうがいい」「今は買い時ではない」
    と言う発言を取引士はしません。
    いや、できないのです。

    こうした助言をしても利益につながらず、自身の立場が危うくなるばかり
    だからです。
    これは、独立性を保持できない悲しさです。

    ここで、地域の不動産会社の出番です。
    何しろ小回りが利きますし、営業スタンスではなく、あくまでも地域の専門家
    としての助言に熱心です。
    それはそうです。その地域で今までも、これからも活動していくのですから
    信頼関係構築が大事です。

    特にサンコーハウジングでは、お客様と親しくなり、購入前、購入後も
    変わらぬお付き合いがモットーです。
    ご質問頂ければ嬉しくもあり、頼られれば自身の存在意義を実感できます。

    理想論かもしれません。
    しかし、必ず不動産業界は変わります。

    単なる手数料の価格破壊ではない、真の専門家を目指して。
    仲介に留まらない、コンサルタントとしての立場を活かして。

    地域社会の皆様に多くご利用頂ければと考えています。

    仲介を超えたもの、これが本来の「取引士像」であって欲しいものです。

     
    posted by: サンコーハウジングSTAFF | 不動産業界あれこれ | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://blog.sanko-h.jp/trackback/200